どのような流れ?

廃車買取手続きはどのような流れで行われるか

車を購入してから長期間が経過すると、あちこちが消耗してきて維持するのに高額の費用がかかるようになっていきます。また、車の所有者が高齢になると、状況確認や状況判断の力の衰えが著しくなり、運転し続けるのもリスクが伴うようになります。このような場合に車の所有者が取りうる行動の一つが、車の処分です。
車を処分する場所として思い浮かべるのは車の解体工場ですが、作業を実施してもらうには一定の費用がかかります。しかし、廃車買取を行っている店に持ち込むことで、購入時より相当安くなるものの車を現金化することができます。
では、廃車買取を利用した場合には、どのような流れで手続きがすすんでいくのでしょうか。

廃車買取を依頼した場合、まずはディーラーや中古車販売店などに売却する場合と同様に査定作業が行われ、見積もりが提示されます。見積もりの際には、車の査定価格だけでなく、廃車後の税金の還付手続きによって戻ってくる還付金の総額も教えてくれます。ここで、車の持ち主が店側から提示された価格に納得したら、売買契約を結ぶとともに車の引渡し日を決めます。
車の持ち主は引き渡し日までに車内を片付けて、廃車にするために必要な書類を準備しなければなりません。普通車を廃車にする際に持ち主側で用意しなければならない書類は、車検証、自賠責保険証明書、リサイクル券、印鑑登録証明書で、車検証記載の住所と印鑑登録証明書記載の住所が異なる場合は、住民票や戸籍の附票も必要です。
車の引き渡し日がきたら、店のスタッフに車を取りに来てもらうか、自分で店に車を持ち込みます。そして、店のスタッフに前述の必要書類を全て手渡し、買取代金を受け取ります。銀行振込による代金の受け取りを選択した場合は、後日指定された日に振り込まれます。なお、店員に車を持っていってもらう場合、店によっては代金から引き取り手数料が差し引かれることがあるので注意が必要です。
廃車買取の手続きは、店から車の持ち主へ代金が支払われた段階で終了です。この後、店側が運輸支局に対して抹消登記手続きを行い、買い取られた車は名実ともに廃車となります。店によっては、抹消登記手続きの完了を知らせてくれるところもあります。

廃車買取の流れは通常の車の売却と似た部分が多いですが、車の各パーツが資源として再利用される可能性があることも考慮しながら査定が実施される点と、その場で現金で買取代金の支払いを行う業者が比較的多い点が、通常の売却とは異なります。